栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
冬暖かい家造り
冬暖かい家造りに欠かせないのが、家から逃げる熱を少なくすること。
熱損失係数Q値
冬暖かい家づくり冬暖かい家づくり
熱はどこから逃げる?

 "冬暖かい家づくり"
天井・壁・床・窓から逃げる熱と24時間換気(隙間から逃げる熱を含む)で外に出してしまう熱の総量を
床面積で割った数値。数値が小さいほど高性能になります。(表記例Q値=1.0)

冬暖かい家造り
旧次世代省エネ基準、栃木県宇都宮市の地域区分では熱損失係数Q値2.7以下、
さくら市(九喜連川町)以北は?地域でQ値2.4以下となっていました。

Q値は家全体の熱損失を表す数値なので暖かさを比較するのに便利な係数です。
栃木県で夏涼しく冬暖かい家と言えるのはQ値1.2以下ぐらいでしょうか。
※私の経験上の数値です。
Q値0.73の家(ほぼ無暖房で冬暖かい家)の施工例もあります。
Q値0.50まで施工可能です。

UA値 外皮平均熱還流率
 冬暖かい家づくり UA値
外皮平均熱貫流率は、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標。

住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表しています。
各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割った数値。

建物内部から外へ逃げる熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値。
外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなど。

同じ床面積(100?)でも外皮面積は違う
冬暖かい家
床面積は同じ100?だが、
正方形の間取りの外壁の長さは左40m。
中庭のある平面の外壁はの長さは66m。

壁の高さが3mの場合の外皮面積
正方形の間取り 屋根100?+床100?+外壁(窓含む)120?=320?
中庭有の間取り 屋根100?+床100?+外壁(窓含む)198?=398?

398?-320?=78?外皮面積の差があります。
この場合UA値が同じでも、外皮面積が124倍ある中庭の間取りは
例暖房費が約1.25倍にあると言う事、もちろん建築費も割高になります。

UA値 外皮平均熱還流率だけで家全体のの性能を比較することは出来ません。
それに、24時間換気、隙間から逃げる熱は無視しているのがUA値。
UA値 栃木県 冬暖かい家造り
25年省エネ基準でも家の性能はほとんど変わりがありません。
この基準は最低基準ですので、この基準で造っっても冬暖かい家は出来ませんので
ご注意ください
家全体の冬暖かく夏涼しい断熱性能はQ値で比較した方がずっと解りやすいのです。

夏涼しく冬暖かい家づくりの相談は木の城工房へ。
冬暖かい家造り
小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所