栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房

那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店のTOPページへ戻るお問い合わせ小冊子プレゼント 那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店の電話番号
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の トップページへ戻る
木の城工房マスコミ掲載

設立したばかりの木の城工房に、なぜか、ビジネスブログを見た各メディアの敏腕記者さんが取材に来てくれます。

記者さんたちに「なぜ、当社に取材を?」と聞くと・・・「木の城工房さんのビジネスブログには『木の家に関する情報量』が他社を圧倒しているので・・・」と言われ、うれしいです!!

しおや湧水の里ウォーク
しおや湧水の里ウォークHP
栃木県 夏涼しい高性能住宅
栃木県・夏涼し家造りは結構大変ななんです。
高性能住宅でも夏涼しいどころか夏暑い家になってしまう事も多いようです。

栃木県夏涼しい家造りは、屋根・天井の断熱が窓の日射遮蔽と共に大切です。

屋根の種類にもよりますが、栃木県で夏の屋根の表面温度は75℃ぐらいまで上昇します。
室内を夏涼しく27℃に保つためには温度差48℃を伝えない断熱が必要になります。


冬の外気−5℃、室内22℃とすれば温度差27℃ですから
夏涼しい家造りの屋根・天井の断熱性能は大切です。
外壁の断熱材より1.5倍〜2倍の性能があると夏涼しい高性能住宅となります。

栃木県 夏涼しい高性能住宅
部位別の日射量のグラフです。
水平面は(屋根)夏の日射量は膨大ですので、夏涼しい家にならなくなりますので、トップライトの設置はお奨めいたしません。
どうしても設置する場合は、トップライトの外側で日射遮蔽できるタイプを選択してください。

栃木県 夏涼しい高性能住宅
トップライトの次に夏に日射が入るのは東西面の窓。
夏は南面窓の3倍も日射量が大きくなりますので、夏涼しい家にするためには日射遮蔽は必須です。
日射遮蔽をせずに高性能住宅なのに暑いと言われても困ってしまいます。

日射遮蔽は、必ず窓の外側で計画する必要があります。
窓の内側では効果があまりありません。
二階の窓は後から日射遮蔽設備を取りつけるのは足場が必要となり困難なので
新築時にぜひとも設置してください。

南東向き、南西向きの家だと裏側の窓にも朝夕陽射しが入って
日射遮蔽をする必要が出てきますのでご注意ください。

しつこく言いますが、窓の日射遮蔽をしないと夏涼しい家になりません。
LOW−Eガラス(赤外線反射)も効果はありますが、日射遮蔽は必要です。

1階の窓であれば後付やグリーンカーテン・植栽などでの日射遮蔽も可能です。


栃木県の夏涼しい家の屋根・天井の断熱性能はどのぐらいが必要?

当社では熱抵抗値R=7.89の断熱を標準としています。

一般的に使われる断熱材の熱抵抗値での比較 断熱材の厚さ(m)÷熱伝導率

グラスウール10K-100mm  熱伝導率0.05  0.1m÷0.05=熱抵抗値R2.0 394.5mm相当

ネオマフォーム50mm  熱伝導率0.02     0.05÷0.02=熱抵抗値2.5 157.8mm相当

熱抵抗値7.89程度の断熱性能があると暑い日でもロフトがそれほど暑くなることはありません。
※遮熱材(リフレクティクス等)は屋根材の下部に使用しても思ったほどの効果は感じられませんので
断熱材と合わせて使用してください。
(私の自宅の屋根は遮熱材+ネオマフォーム50ミリを施工していますが暑いです)

夏涼しい家づくり、窓の日射遮蔽と屋根・天井の断熱性能が大切です。

栃木県・夏涼しい高性能住宅造りは木の城工房へご相談ください。
栃木県 夏涼しい高性能住宅


小冊子プレゼント お問い合わせ
那須・木の家で田舎暮らし・別荘建築の工務店 の 家づくりコラム
栃木・那須の平屋・木の家・別荘で田舎暮らしの工務店:木の城工房 の 北欧住宅視察記(世界の田舎暮らし)
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.1 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.2
ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.3 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアー記 Vol.4

木の城工房の施工エリア

宇都宮市

 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 

日光市

 鬼怒川エリア 今市市 真岡市 大田原市 矢板市 

那須塩原市

 

さくら市

 河内郡 
上三川町 南河内町 上河内町 上都賀郡 西方町 芳賀郡 茂木町 市貝町 芳賀町 下都賀郡 壬生町 石橋町 岩舟町 都賀町 塩谷郡 
藤原町 塩谷町 高根沢町 那須郡 小川町 那須町 那珂川町 那須烏山市
提供:ホームページ制作e売るしくみ研究所